テーマ:春おばあちゃん

春おばあちゃんの逆ショートステイ

 家族介護者にとっては、介護のストレスを溜めないように、うまく息抜きをすることも大事なことである。そんな時、ショートステイを利用することがとても有効となる。たとえば、1週間だけ本人に施設で生活をするショートステイを利用してもらい、その間、少し息抜きをして、普段できない旅行にでかけたりするのである。  春おばあちゃんは娘夫婦と同居してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春おばあちゃんと歩行器

 春おばあちゃんは娘夫婦と同居する家の中で歩行器をうまく使って移動する。トイレにいく時、食事のテーブルに移動する時、食事の後に洗面所に歯を磨きにいく時、本当に手馴れた動きである。「これにつかまっているから安心なの。でも歩行器を持ち上げるので、だんだん疲れてくるけれど・・・」 春おばあちゃんの歩行器はコンパクトなサイズで、軽量だがしっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春おばあちゃん米寿のお祝い

 先日、春おばあちゃんが88歳のお祝いをしてもらった。 春おばあちゃんが今、一番楽しいことはなんだろう。おいしいものを食べること、娘と一緒に暮らすこと、孫と話すこと、ひ孫と一緒に遊ぶこと、息子と久しぶりに会ったこと、ぐっすり眠ること、好きな長唄をうたうこと・・・・・ 要介護2でひとりで歩行はできないが、ひょっとしたら、若者以上に多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春おばあちゃんの想い

 春おばあちゃんは、正月を娘夫婦や孫、ひ孫と過ごす。「皆さんが良くしてくれるから」と本当にうれしそうに話す。 「こうやって娘たちと一緒に暮らせるのは恵まれているんだね」とも言う。 それでも、息子からの年賀状を見ながら「正月も忙しいのかねー」とつぶやく。正月は息子に会えることを楽しみにしていたのに・・・・・・  昨年、介護保険の認定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春おばあちゃんがやってきた

 今年の正月は娘夫婦の家で迎えることになった春おばあちゃん。 つい最近までは一人暮らしができていたのだが・・・・ 春おばあちゃんは夫を亡くしてから、娘夫婦の近くで一人暮らしを続けていた。何かあった時、近くに娘が住んでいるという安心感が心強かった。いつまでもこの生活をと考えていたのだが・・・・・  80歳になってから、すこしず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more