テーマ:ムーおばさん

ムーおばさんと新聞

 ムーおばさんは新聞が大好きである。一面から最終面までこよなく愛している。  「おーい 新聞をとってくれ!」 とおやじが叫ぶ。「あいよー」 とムーおばさんが新聞をとって渡す。 おやじは少し記事を眺めながらつぶやく。「最近、同じような事件が多くなってきたなあ。なんか見たような事件だなあ」とこぼす。ムーおばさんも相槌を入れる。「そーねー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんが悩む?

 すっかりご無沙汰のムーおばさんの悩みごとです。 何だろう? さて、これは? 困った???? 薄汚れた本を見ながら、何かを悩んでいることは間違いない。「おい、どうしたんだ」とおやじが言う。横から除くと、薄汚れた本かと思ったのは、毎日使っている手帳の予定表のようである。明日、10時半に予定が書いてあるんだけど・・・   おやじは思う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんが畑で悩んでいる

 ムーおばさんが、来年度も畑を借り続けるか悩んでいる。 来年度からは負担金が増えるからだ。「どうしよう!」 少なくともお金だけで考えたら、野菜を買ったほうが安いことは間違いない。しかし、取れたての野菜の魅力は捨てがたい。でも、畑仕事は大変… しかし、隣の畑の人との触れあいは捨てがたい。でも、夏は暑くて大変…   こんなことで悩んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんのひとこと

 ご無沙汰のムーおばさんの話です。 娘とことわざ辞典を見ていたら、「三尺下がって師の影を踏まず」ということばが載っている。ムーおばさんは「あらー、三歩下がって師の影を踏まずではないんだ。昔の言葉だから、三尺か、なるほど」 そして娘に自慢して言う。「私なんか、年上の人と歩く時も、決して影は踏まないからね」・・・・  それを聞いたおや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんの骨折がやっと良くなった

 ある日、突然ひとりで外出するのが大変になる。「仕事を終えて、急いで家に帰りたい気持ちからの油断でしょうかね」インタビュー形式で書けばこんな感じである。  ムーおばさんが右足の内側の小さな骨をちょっとした段差を踏み外したことで骨折してから1ヶ月になろうとしている。やっと前の元気な状況に回復してきている。  事件当日は「大丈夫、軽いね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんの風邪物語

 4月も半ばを過ぎたのに、今年は寒い日が多い。昨日と今日で温度差が15度も出たりで、体調管理が難しい。  案の定、ムーおばさんが風邪をひく。最初はなんとか、龍角散ですんでいたが、いよいよこじらせてしまったようでかかりつけの医者に薬を処方してもらう。話は、そこから始まる・・・・・  「抗生物質を5日分出しておきます。良くなっても最後ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさん、今日は海鮮なべだよね・・・

 寒い雨が振る夕飯時に、 「今日の晩ごはんは海鮮なべだからね。できましたよー」とムーおばさんの元気な声が聞こえる。こんな寒い日は身体が温まるなべ料理は最高である。おやじも楽しみにして食卓に・・・・  「たしか、海鮮なべとか言ってたよな?」とおやじ。しかし、なべをのぞいても何か細いものしか見えない? 「おい、海鮮なべだよな?」もう一度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんが部分パーマ

 仕事始めから数日過ぎた夜に事件は起きた。 主人公はムーおばさんである。連休初日の夜、風呂上りにおやじは気持ちよく1杯飲みのんびりとテレビを見ていた。すると台所からなにやら大きな声がする。「ギャー・・・」「なになになあに・・・」「あれー・・・」  何かが起きていることは間違いない。娘の声がするから俺が行くこともなかろうとおやじは心の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんが苦戦する

 ムーおばさんが苦戦している。書類の整理をやりだすが、始めたときより机の上は乱雑に散らかっている。「おい、片付けているんだろ。散らかしているのか?」とおやじが言う。「片付けているにきまっているでしょ。でも、何だか物が広がってきている気はするけど・・・」  インターネットが普及し、郵便物が減少してよいはずだが、日々郵送されてくる印刷物は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんと時代の流れ

 ムーおばさん一家の食後の団欒の話である。テレビに名の知れた若いタレントが出ているが、ムーおばさんには名前がわからない。正直言って、数年前から最近の若いタレントは名前と顔がほとんど一致しないのである。でもそんなことは口が裂けても言いたくない。子どもの手前、わかっている振りをする・・・・  ムーおばさんの横でおやじも同じ思いでテレビを見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんとパソコン

 ムーおばさんはパソコンが苦手。パソコンもムーおばさんが苦手である。 とにかく、ファイルとかインデックスとかの概念が理解できていない。従って繰り返し自分が経験したことは何とかできるが、初めてのことは理解が難しくなるようだ。ましてや、興味の無いことは右の耳から左の耳に抜けてしまう。いや違う。右の耳から右の耳に抜けている気がする。ようする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型インフルエンザ?

 久しぶりにムーおばさんが登場です。 「なんだかせきが?・・・・」と元気がないムーおばさん。「熱があるかも?・・・・」 ごそごそ何かを探している。どうやら体温計を探している様子である。しばらくして静かになる。熱を測っているようである。「あれ? ピーといった?」と家族に聞いてくる。「知らない・・・、聞こえない・・・」とつれない返事。ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年は収穫ありそうだ

 ムーおばさんの農園通いが続いている。週末にはおやじも行くことが増えてきたようである。 土作りや畝作りを行い、じゃがいもの種芋を植えたり、ほうれん草、小松菜の種まきをしたりと、徐々に収穫が期待できる雰囲気になってきている。農園のご主人が教えてくれる「やすじいの農園」は楽しい!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんが風邪をひく

 「何だか鼻がむずむずして、くしゃみがでる。花粉症かな?」とムーおばさん。 「ピークは過ぎたけど、花粉の種類によってはこれからのも有るから注意しな」とおやじ。 そんな会話の数時間後、「実はのども我慢できないくらいに痛いんだよね」とムーおばさん。なんだ風邪をひいたんじゃないかと思ったが「新種の花粉症でのどが我慢できないくらいに痛くなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長靴を履いたムーおばさん

 ムーおばさんが長靴を履く。雨が降っているわけではない。もちろん雪でもない。畑に出かけるのである。 地元の方が、地域住民に畑を貸して野菜作りを教えてくれる農園を見つけてきたムーおばさんは、畑に出かけるのが楽しみでしょうがない。この季節だから、まだ土作りで、これから種をまく段階である。でも野菜作りの夢は大きく広がる。自分で種から育てたお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんは寒さが苦手

 冬の太陽は有り難い。屋外では日向と日陰ではえらい違いである。風邪の強い日は体感温度はさらに寒く感じる。風邪をひかないように気をつけたいものだ。ムーおばさんも寒さは苦手である。  そんな冬の晴れた日におやじから「今日は天気が良いから久しぶりにウォーキングに行くぞ」と誘いがある。最近のおやじは何かとウォーキングである。ウォーキングはもち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

収穫を夢みて・・・

野菜作りにあこがれるも、いつも失敗。見事に不作!! 最近では、園芸店で野菜の苗を買おうとすると家族の猛反対にあう始末。 でも今年はちょっと違う。 農家の方に指導して頂く体験農園に申し込んだ。 (もちろん家族には内緒で・・・ウッシッシ・・・) 今日は説明会。 「虫は割り箸でとって下さい」と農家の方。 「えっ、割り箸で虫を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんとサッカーボール

 ムーおばさんといえば超満員のレッズ戦のサッカースタジアムでも寝てしまうという技の持ち主。そのムーおばさんが新年から元気にサッカーボールと戯れた。サッカーといっても試合ではない。公園の広場でサッカーボールを蹴って若者たちと遊んだのだ。  ムーおばさんがボールを蹴る。ボテボテと転がり5,6回転して止まる。「あれー?」 「そうか、もう少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症国際フォーラム

認知症の早期発見、早期診断、治療、予防の研究が進んでいる。 ・早期発見の為、脳波解析で定期健診を可能にする研究。 ・画像診断、実用化?(アルツハイマー病発症前に診断し、根本治療) ・根治予防めざすワクチン治療開発中。 ・老化防止する水素分子の研究。 すごい驚き!! そして心強ーい!! 医学的研究が進む一方で、市民による街ぐる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりにムーおばさん

 朝早くから、ムーおばさんが動き出す。今日は、知人と都心で行われる福祉の研修会に行く日である。 パソコンを使いだす。どうやら電車の時刻を調べているようだ。「えーと」、「ほれ」、「よし」、なにやらつぶやきながら使っている。「おーい時間に遅れるぞ」とおやじ。  「だからどこで乗り換えるの」パソコンに向かって何か言っている。 「今日は日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「認知症の人と家族の会」の集いに行ってきました。

本日のテーマは「若年期認知症の介護について」  奥様が若年性アルツハイマー型認知症の60代男性が話してくれる。進行が遅いので身の回りの事は自分で出来るし、洗濯も出来る。でも料理は難しい。夫が仕事に行っている間は自宅に一人、医師よりデイサービスなど外部との交流を勧められるが、本人が行きたくないと言うし介護保険の申請もまだしていない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「介護なんでも文化祭」に行ってきました

電車に乗って出かけてみる。人が多い。電車の乗り換えには神経を使う。 間違えないように・・・・間違えないように・・・・ 出かけてみると、いろいろな話を聴けて刺激を受ける。 来年度の介護報酬改定、更に使いにくくなってしまう可能性は高い。 今、声を出さなければ・・・というエネルギーを感じる。 この文化祭は「市民発」と言うとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんの沈黙

 ムーおばさんが何か探しものをしている。なんだか黙ってごそごそ探している。「おい何がみつからないんだ?」とおやじ。「おかしいなー?」とムーおばさん。繕い物をしようと裁縫箱を探しているらしい。裁縫箱みたいに大きなものがどこかに消えてしまうからすごい。「あった。やっぱり思ったとおりたんすの上にあったは。ハハハハ!」 おやじは思った「あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチサービス

 暑い日が続く。こんな時はきちんと食事をとることが大切である。 働いていると昼は外食になることが多いが、毎日のことなのでどこの店で何にするか悩むこともある。  ムーおばさんも久しぶりに外食をする機会があった。 「さてと、何をたべようかしら」と店を探す。昼食時は多くの店先には、ランチサービスの看板が出ている。 ムーおばさんが、めざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんがポストの中に

 最近は、手紙を書くことが少なくなってきているが、それでも郵便で書類を送ったりすることは結構ある。 ムーおばさんも、そろそろ郵送したい書類があった。「今日は必ず投函しよう」と準備をする。  買い物のついでにポストに投函しようと、テーブルの上の封書を持ち、出かける。 そして近くのポストへ投函する。ほとんど、ポストに吸い込まれる瞬間、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白内障の心配

 愛犬がムーおばさんの散歩にでかけた。いや違う。ムーおばさんが愛犬の散歩に出かけた。 最近、ムーおばさんは愛犬の散歩に出かけるのが楽しいようで、回数が増えている。距離も徐々に伸びており 愛犬も満足感が膨らんでいるようだ。  ところが元気に出かけた散歩から戻ってきたムーおばさんに元気がない。 「どうしたの?犬の糞でも踏んだの?」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーおばさんの散歩

 ムーおばさんが久しぶりに愛犬の散歩をする。 休みの日なのに、いつもより早く眼がさめたムーおばさん。「久しぶりに愛犬と散歩にいこうかな」。 愛犬もその気持ちを察したのか、喜んでムーおばさんについていく。「久しぶりでも素直に喜んでくれるから嬉しいねー」と元気に散歩にでかけた。散歩の途中で何人かと挨拶をかわしながら、順調に散歩は続く。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の転倒

 ムーおばさんが転倒した。それもまっすぐ前に「ドタッ」である。車で目的地につき、喜んで入り口にむかい歩き出した途端の出来事である。大した怪我にはならずにすんだのが幸いである。  私が関わっている高齢の女性の方で、自宅で転倒されて大腿骨を骨折された方がいる。一人暮らしで自分でできることは何でもやられていた元気な高齢者である。高齢者の骨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイペース

 ムーおばさんは車の運転をする。そして、初めての場所に行くのが大好きである。普段通る道が渋滞をしていた時だ。すかさず「今日は渋滞しているから、曲がらずにこの道を真直ぐに行くね。たぶんすいてるから」とおやじに言う。そして、楽しそうに、直進して、どんどん細い道を進む。「たしか方向は左の方だから次を左折するからね?」 まだ、少し余裕がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全然知らなかった

 ムーおばさんがよく言う言葉がある。「全然知らなかった」である。 その言葉の通り、ムーおばさんは知らないことが山ほどある。知らないことは知ったかぶりをしないで正直に「全然知らなかった」という。だから、ムーおばさんは「全然知らなかった」が口癖となる。  高齢者が介護認定の調査で、調査員から聞かれる。「できますか?」すると、一人でやるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more