テーマ:音楽・演劇

懐かしいジャズ喫茶

 部屋の片づけをしていたら、ジャズ喫茶のマッチがでてきた。 昔、大学生の頃によく通った吉祥寺の「メグ」のである。デザインが新しいので、昔のものではなく、10年ほど前に 吉祥寺をぶらついたときに手に入れたマッチのようである。当時のジャズ喫茶は、コーヒー一杯でジャズのレコードをただ黙々と聴くという感じで、おしゃべりはできる雰囲気ではなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M-1グランプリ 笑うことは大切

 笑うことは大切である。健康のためにも笑うことは良いことである。 年末恒例のテレビ行事である、M-1グランプリを見る。今回が10回めでこれでひとまず最後とのこと。 最後の戦いは、9回目の決勝進出の常連「笑い飯」が悲願の初優勝を果たす。歴代のチャンピオンを振り返ってみると、「中川家」、「ますだおかだ」、「フットボールアワー」、「アンタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好きなことを夢中に

 友人の娘さんがダンスを習っている関係でダンスの公演を見に出かける。 30周年記念公演で、最初は小さな子供たちのダンス。一番小さな、3歳ぐらいだろうか?踊りがとても可愛く観衆から笑みがこぼれる。舞台に出てくるのも、さがるのも最後。この動きが楽しくユーモラスである。 大人のダンスは見事なもので、笑顔で楽しそうに踊る姿が素晴らしい。ダン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉祥寺でジャズに酔う

 吉祥寺にジャズを聴きに行く。 学生時代に良く出掛けた街、吉祥寺には、今も昔の面影が随所に残っている。ジャズライブを聞きに出掛けた店の「サムタイム SOMETIME」もそんな店のひとつである。店内は、昔のレンガ造りのままで変わっていない。この日は、ナベサダ実弟の渡辺文男のトリオにボーカルの鈴木道子がプラスされたライブ。円熟味のあるジャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬のジャズ

 みぞれが舞う夜に久しぶりにジャズのライブに出かけた。 知り合いの人から紹介されたジャズライブのちらしに渋谷毅という懐かしい名前が・・・ 知る人ぞ知る、ジャズピアニストであり作曲家として著名な渋谷さんは、昔、テナーサックスの峰厚介や武田和命などとやっていた頃にどこかのライブで聞いた覚えがある。彼のピアノは聞く人に語りかけるように繊細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はい、奥田製作所。

 先日に引き続き劇を見に行く。先日の4人に一人加わり5人で、紀伊国屋サザンシアターに出かける。 劇団銅羅の公演でタイトルは「はい、奥田製作所」。不況で経営困難な大田区の町工場を舞台に、後を継ぐ息子が、悪戦苦闘をしながら、町工場の人情味豊かだが、年代の相違による価値観の違いに葛藤しながら、頑張る姿が描かれていく。今や町工場が生き残れるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンクロナイズド・ガロア

 久しぶりに下北沢で演劇を観る。仕事仲間に誘われて4人で出かけた。誘ったひとりが芝居好きで、私を含めた残りのメンバーは久しぶりの観劇。場所は下北沢の「劇」小劇場。60人余りの席が満席になる。4人連れの場合は、遅く来たら席はばらばらになるところだが、幸いにも早く来たので前から2列目の席へ並んで座る。  タイトルは「シンクロナイズド・ガロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M-1グランプリ

 私が大切にしていることに笑うことがある。楽しい時、大声で笑えることは大事なことと思っている。だから漫才も大好きである。 今年も4629組がエントリーした漫才の大イベントであるM-1グランプリのテレビ放送が行われた。今年のチャンピオンに輝いたのは、見事な漫才を披露した「パンクブーブー」である。私はテレビのお笑い番組でチラッと見たことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かしのフォークソング

 偶然、テレビで「サマーピクニックフォーエバー in つま恋」のライブ録画が流れていて、南こうせつの歌声などの懐かしい歌が流れてくる。この歌声を聞いていて、先日、神田川添いの公園に神田川の詩が石碑になっていたので写真にとったことを思い出す。  自分が若いときには、おやじがナツメロで田端義夫とかを聞いていると、なんだか時代遅れな気がした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋真梨子を聴きながら

 最近、車でよく聴く音楽はバラード。高橋真梨子が多い。 なぜか、運転している時に、心地よく聴けるから好きである。最近、カーネギーホール公演も行い、デビューから35周年経つようだ。いつまでもさわやかな歌声を届けてほしい。  そうか、ジョニーへの伝言は35年前の曲なんだね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好きなことを懸命に

 先日、友人の娘さんが習っているバレエ教室が出演するダンスフェスティバルを見に出かけた。今年一杯で閉鎖する新宿コマ劇場で行うこともあり誘われるままに・・・・・ ダンスやバレエなんて何も分からない私だが、なぜか楽しんでしまった。そして、習い事もここまでくればすごいとひとりで感心してしまう。  これだけ素晴らしいダンスを踊れるようになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お笑い大好き

 皆さんは笑うことが好きですか。私も笑うことが大好きです。お笑い番組も結構見ます。最近テレビでコント日本一を決める初の大会「キングオブコント2008」を放送していました。お笑いの世界ではどこからがコントでどこからが漫才なのか私にはよく分かりません。ストーリー性があるのがコントかなと思っています。個人的には今回のキングオブコントで優勝した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔のレコード

 部屋を片付けていたら昔のレコードがでてきた。ラリーコリエルというギタリストである。このレコードを購入した時代はジャズとロックの融合が始まった頃で、8ビートのポピュラーナンバーをジャズのプレイヤーが弾いたりしていた時代である。ラリーコリエルは確かロックからジャズにという流れのミュージシャンであり、このレコードはフュージョンミュージックの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりJAZZかな

 アマチュアのビッグバンドコンサートに行く。もちろんJAZZバンドである。 JAZZ大好きな私に、同じ職場の人がビッグバンドでトランペットを吹くから観に来てとチケットをくれる。映画の「スウィングガールズ」を観てから、ビッグバンドでJAZZをやりだした人が増えたらしいが、JAZZに興味を持つ人が増えるのはうれしい。  職場の友が、少し…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

坂田明さんのメッセージ

 ジャズのサックス奏者でミジンコの研究家でもある坂田明さんからとても良い話が聴けた。 今回は学校関係で主催した講演のため、教育に関わる話題について多くを語ってくれた。 音楽は魂の叫びである、みんなそれぞれの人生、人間死ぬのはみんな一緒、子供は一生懸命考えている、安心してあたふた生きなさい、子供を心配するのは自分に自身が無いから、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャズを聴きながら

法律の勉強をしようと思う。そして、民法の条文を読みながら、解説書を見る。 少し眠くなる。何か飲み物をと、コーヒーを入れる。条文を読む。少し眠くなる。 何か口にと、ナッツを持ってくる。民法の解説書の判例を読む。少し眠くなる。 眠気覚ましにジャズを聴こうと思う。 CDの棚から手にしたのは、ローランド・カークの「DOMINO」。昔、ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more