社会福祉士に期待すること

■東京社会福祉士会主催の司法福祉の公開講座に参加する。
その中で、当日の講師の方から、社会福祉士に期待することについのて話があった。「社会福祉士とは何だろうという時代は終わった」、社会福祉士が自らの地位を勝ち取ってほしいと。◆一つは経験がアンカーになる。経験値と知識のバランスがアイデアをだす。そして、社会現場での評価を勝ち取ることだ。◆さらには、理解を求める役割であること。すなわち、利用者と国民へのつなぎ役になること。◆そして社会福祉士のネットワークにより、うまく動かすという発想だ。
■社会福祉士が、求められていることは、役割を果たすこと、そして、国民に生かして、それを引っ張っていくことだ。
こんな世の中だからこそ、社会福祉士が期待され、変革するチャンスが来ようとしている。そのチャンスをつかむのも逃すのも社会福祉士である。こんな気がしてならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック